こしゃってマルシェ
くしびきこしゃってマルシェ
宮城 妙
鶴岡市/こしゃってマルシェ宮城 妙さん
さくらんぼ農家でデザイナー。くしびきこしゃってプロジェクト代表。鶴岡市(旧櫛引町)出身。武蔵野美術大学卒業後は東京のデザイン会社に勤務。東日本大震災を機に、2012年鶴岡へUターン。2014年に仲間と「こしゃってプロジェクト」を立ち上げ、春夏秋冬年4回のこしゃってマルシェなどを開催してきた。
やまがた若者応援大使館 こしゃってマルシェ
所在地 〒997-0342 山形県鶴岡市三千刈字藤掛1(こしゃってマルシェ広場)
WEB https://koshatte.amebaownd.com
SNS
コンタクト方法
アクセス 鶴岡駅から車で15分
くしびきこしゃってマルシェ
「くしびきこしゃってプロジェクト」は、地域の元気や、この地域の住む人々の個性豊かな暮らしに貢献したいという思いから2014年にスタート。庄内・鶴岡に暮らす魅力を分かち合うための「場」づくりをしています。
こしゃってマルシェの開催、森と木プロジェクトなどを企画運営。つくった人が直接販売するマルシェでは、農家さんや飲食店、作家さんの作品が並び会話をしながらお買い物ができます。ワークショップは、講師に地域で活躍する方を招き、鶴岡ならではの地域資源(食べもの、素材、文化など)を素材として、手を動かすことを楽しむことを大切にしています。
イベント形式で開始しているので、常設ではありませんが、ぜひWebサイトからチェックして、遊びに来てみてください。
くしびきこしゃってマルシェ
くしびきこしゃってマルシェ
やまがた若者応援大使の#山形いいね
山形いいねwakamono_ouen_taishi
山形いいね
摩耶山
とても驚いたのは、摩耶山山頂からの眺め。温海側から山に入り、美しくスリリングな山道を抜け山頂へ。360°の視界。眼下に見えるのは、山間の人々の営み。右に見える温海と左に見える大鳥が山をはさんでこんな距離感だったなんて知らなかった。
ここ数年は山歩き程度しかできていないけれど、グランドレベルの思考を、俯瞰し、深呼吸して、チューニング。庄内には、車でピュ〜っと子どもたちといける山もたくさんあるから、山歩きはおすすめです。
山形いいねwakamono_ouen_taishi
山形いいね
鮭川村エコパーク→トトロの木→温泉
秋キャンプで行った鮭川村エコパークは、広い区画の雑木のサイトで、焚き火キャンプを楽しみました。子どもたちはアスレチックがお気に入り。
キャンプ場ほど近くにある「小杉の大杉」はトトロの木とも呼ばれている、推定樹齢800年以上の大きな木。木のパワーには圧倒されるばかりですが、トトロのような包容力ある場所でした。
帰りに立ち寄った温泉はトロッとしていて、こんな王道おすすめキャンプコースがたくさんある山形が大好きです。

やまがた若者応援大使のご紹介

長濱温子

山形市/GLAMPiC長濱 温子さん
『わくわくを創造し、世界をたのしむ』がミッション
2017年山形へ移住し、個人事業主としてGLAMPiCオープン。『わくわくを創造し、世界をたのしむ』という会社のミッション/ビジョンのもとわくわくできる空間を提供しています。

大山 芙由美

村山市/民泊工房FUu~大山 芙由美さん
ネコに邪魔されがちな、七宝焼ができる民泊
人との繋がり、わらしべ長者、他力本願が得意分野だったお陰もあり今の暮らしが出来上がりました。 ここではふぅ~と一息つける時間を大事にしています。
佐藤 恒平

朝日町/ゲストハウス松本亭一農舎佐藤 恒平さん
新しい発見を求めてココに足を運んでもらえたら
趣味で集めた世界のボードゲームと、裏庭の焚火スペースでも遊べます。この場所では、山形での生活の中でちょっと違った空気を吸いたいなと思った時に、気軽に立ち寄れるスペースを目指しています。

白石 祥和

米沢市/カフェレストランWith優白石 祥和さん
フリースクールで運営しているカフェレストラン
地域のどんな子どもも大人も自分らしく幸せに生き抜ける地域社会、失敗してもいい場所・子どもや若者の出番と居場所を地域の方と作ることを大切にしています。

宮城 妙

鶴岡市/こしゃってマルシェ宮城 妙さん
地域資源を素材として 手を動かすことを楽しむことを大切に
地域の元気や、この地域の住む人々の個性豊かな暮らしに貢献したいという思いから2014年にスタート。庄内・鶴岡に暮らす魅力を分かち合うための「場」づくりをしています。

渡部 陽子

酒田市・飛島/シェアハウスミャア渡部 陽子さん
飛島のゲストハウスで交流できる場づくりを
2019年3月に「離島と本土を繋げたい!山形県の飛島にゲストハウス をつくる。」というプロジェクトのもと活動をスタートしました。