若者未来創造事業フロンティアプロジェクト 一年間の集大成を報告する場として、報告会を開催しました。
今回の報告会は事業関係者だけでなく、一般の参加者を募って、ZOOMにて行いました。

令和2年度若者未来創造事業フロンティアプロジェクトでは、4つの採択団体の皆さんがおのおの事業を行ってくださいました。

 

では、報告の様子をさらっとご紹介します!

 

 

一般社団法人希望活動醸成機構さん

「みんなの遊び場プロジェクト」と題して、屋内の遊び場づくり(スケートボード場!)やストリートピアノのイベント、民話を絵本にするワークショップなどを行ってきました。

(⇧遊び場づくりの一環として開催した夏まつりの様子)

 

振り返りとして、希望活動醸成機構の阪野正義さんは
「フロンティアプロジェクトがあることで、対外的な信用を持つことができ、スムーズに進めることができました。ストリートピアノに関しては、事業を進めるうちに連携先が増えていって、協力してくださいと声をかけてもらえることもありました。来年度以降、まだまだ課題はありますが、続けてほしいという声がたくさん上がっていますので、協力して実施していけたらと思います」
とこれからのことも交えてお話ししてくれました。

 

また、「遊び場」を作ったきっかけについて参加者から質問を受けた際は、
「子どもたちが道端とかでスケートボードで遊んでいると、それは危険なのでやめろって言ってしまう。でも思う存分遊べる場所もないわけですよね。なので、休みの日に天候を気にせずあそべるスケボーランドを作ろうとなりました。場所は、地域の60代や70代の方に声をかけて、探すのを手伝ってもらいました。若い方同士のネットワークはもちろん、高齢者層のネットワークも頼っていました」
と、教えてくれました。

 

作ろう!と思った時に一緒にやってくれる、手伝ってくれる、頼らせてくれる人が居るって素敵ですよね。

 

<その他記事>

 

 

commune AOMUSHI株式会社さん

「yamagata体験プログラム」と題して、山形の郷土文化や手仕事を体験プログラムにして提供してくれました。

(⇧yamagata体験プログラム ブランドサイト)

 

新庄市の「草鞋づくり」の体験会や、鮭川村の「ようのじんぎり/鮭のオーナー制度」など、これまでやってきた様々なプログラムについて、報告してくれました。

 

communeAOMUSHI株式会社の横沢栄美さんは未来事業を通して、
「伝承・文化・技術を支えていく為に大事なことというのが、地域と自治体が協力体制を結ぶことだと思います。経済的な基盤がどこにあるのかは整備したほうがいいという意見がイベントの参加者からも寄せられました」
と協力の重要さについてお話ししてくれました。

 

AOMUSHIさんは体験プログラムのワークショップや催しを、コロナの影響を考慮してオンラインでしてきました。そのことについても、
「本当は対面でやった方が人柄や体験に関することを質問したりすることで、得られるものは大きいと思います。でも今回は、声をかけた県内の方達も『オンラインでの糸口が見つかるのであればやりたい』と言ってくれました。実際にやってみて、需要や展開先はあるのだという手ごたえもありました。見えてきた課題をこれからの仕組みづくりに生かしながら、継続していきたいと思います」
と前向きに語ってくれました。

 

手仕事や技術は“実際にやってみて”というイメージがまだまだ強いですが、離れた場所からでも習うことができたら、継承してきた技術や文化も未来へつなげていけるのかな、と思わせられる事業でした。

 

<その他記事>

 

 

学生活動団体Praxisさん

「やまがた庄内「里山×里海」若者ダイアログ featuring GiGi & BaaBa ― ゲストハウスづくりとシェアハウスを拠点とし,僕らはWithコロナ・SDGs時代の生きかたを考える。―」と題して、学生の皆さんが事業を行ってくれました。

 

この事業では二つの学生団体がコラボレーションしています。酒田市日向地区の学生活動団体Praxisと鶴岡市小堅地区の学生応援団「こがたん。」です。離れた二つの地の団体がそれぞれを行き来し、交流しながら地域の魅力を発信してくれました。

 

Praxisの酒井さんは
「たくさんの人とオンラインなどを通じて繋がって、自分とは違う価値観や考え方と出会うことができました。プラクシスが主なフィールドとしている日向地区以外の地域や他団体とつながることができたことで、自分の地域の強みや課題を見つけることができました。イベントを企画する中で生き方・暮らし方に関することを学び、メンバーそれぞれの成長や意欲醸成を促すきっかけになったと思います。講師として参画してくださった方の専門性や、高齢者世代の知恵にも触れ、その都度学びを得ることができました」
と事業の中で出会ったさまざまな価値観や地域とのかかわりについて、まとめてくれました。

 

最後に
「コロナにより事業運営が難しいところはあったけれど、多様な価値観との出会いによって、目標としていた“生き方暮らし方を考え”て、これからの各自の実践に向けた意識の醸成に寄与できたと思います。これからも地域とのかかわりを大切にしながら、若者としてできることを続けていきたいです」
とこれからも続けていくことを教えてくれました。

 

学生は代替わりがあってなかなか難しいとは思いますが、これからも若者の力を活かして地域とかかわっていってくれたらなと思いました。

 

<その他記事>

 

 

山形ママコミュニティmama*jamさん

「mama*jamオンラインフェス」と題して、オンラインイベントを開催してくれました。

 

mama*jamさんは山形在住のママが集まるFacebookグループで、2019年に始まりました。(なんと現在メンバーは600人!)
「実際に会ってみたいよね」という願いが、今回未来事業を通してオンラインフェスという形で実現。県内外の子育て世代やこれから子育て世代になる若者を対象に、5回のワークショップを開催してくれました。

 

はじめは対面でのイベントを考えていたmama*jamさん。しかしコロナの影響で、すべてをオンラインにする事にしました。そのことについて、mama*jam代表の山川さんは
「事務局を務めたメンバーが対面で打ち合わせをしたのは一回だけです。他はすべてオンラインでしました。
オンラインのイベントということで、ファシリテーションや、ZOOMでのイベントをしていくときのやり方などを独学で勉強をしたので、事前に勉強会などを受講してから実施したらもっと満足度の高いものになったかなと思います。もともとの目的は県内のママが対面で集えるような場があればなということなので、いずれそういう場が作れるように活動を続けていけたらなと思います」
と反省点も交えて話してくれました。
今年はどの団体も、不慣れな中でオンラインを使わなければならない状況だったと思います。(私たち事務局も同様に)この事業で活用して身についたスキルもあると思うので、同じようにオンラインを始める方とそういった講座のような場で学べたらいいなと思いました。

 

また、600人の団体を運営するということについて質問を受けた際に、
「人が膨らんできていろんなやりたいことが出てきたときに、そのプロジェクトごとにチームを作りました。『今度はこういうことがやりたいんだけど実行委員をやりたい人はいませんか』という形で、主体性をもって参加してほしいと思っています。やりたい人が参加できるスタイルを初期から作っていきたいと思い、新しいプロジェクトを動かす時は募集するようにしています。参加したいなあと思っても手を上げない人がほとんどだけど、ご自身のタイミングがあうときに手を上げてくれると思うし、上げないのがダメというわけではなく、活発に運営されていることが参加していない方にも見えることで、荒れることのない、居心地のいいコミュニティになっているのではないかと思います」
と教えてくれました。

 

みんなでやろう!もいいですが、確かにタイミングってあるかもな、と気づかされた気がします。

 

<その他記事>

 

―――――――――――

以上、4団体からの報告をさらっとですがご紹介しました。

実際に行ったイベントの様子はリンク先からご覧いただけますので、山形でどんな若者がどんな活動をしているか、知る機会になればと思います。

どの団体も今回の事業を“きっかけ”として、“これから”を視野に入れた報告をしてくださって、事務局としても嬉しい気持ちで一杯です。

令和2年度若者未来創造事業フロンティアプロジェクトは終了となりますが、一般社団法人希望活動醸成機構さん、communeAOMUSHI株式会社さん、学生活動団体Praxisさん、山形ママコミュニティmama*jamさんの今後の活動を、是非皆さんもチェックしてくださいね!

一年間ありがとうございました!