山形県朝日町で口伝されていた昔話をもとに
オリジナルの絵本にするワークショップを開催いたします。

 

■ワークショップの概要

 

親子向けのワークショップです。

未就学児〜小学生のお子さまの絵画における創造性を育むために、おとながどのように声がけしていったら良いかを日本画家の先生に教わっていきます。
大人だけでのご参加も可能です。(応募者多数の場合は、お子様連れの方を優先させていただき、オンラインでの録画視聴をお願いすることがございます。)

 

2日間のワークショッププログラムです。

ワークショップの日程の間のご家庭での時間にも、物語や作画について保護者から子ども達の声がけを意識して関わっていただきたいです。
今後の親子のやりとりにも役立ててもらえればと思っております。

 

※新型コロナウィルスの流行のため、山形県外の方はオンラインでのご参加をお願いすることになりました。

※流行の状況によっては、さらに制限することもございます。あらかじめご了承ください。

 

■絵本にする物語

 

「そばまんじゅう」

「朝日町の昔話集」(1995)

今井千代壽さんから採話したおはなしです。

 

朝日町に口伝されている昔話を採話してつくられた「朝日町の昔話集」にある物語から、映像化されていない作品を選びました。

 

■ワークショップの概要

 

とき

 2021年1月16日(土) 10:00 〜 12:00 (開場 9:30)

 2021年1月17日(日) 13:30 〜 15:30 (開場 13:00)

ところ

 朝日町 旧立木小学校(山形県西村山郡朝日町立木300)

講師

 山口 裕子さん (日本画家:朝日町在住)

定員

 現地:親子5組程度  オンライン(録画視聴のみ):10名程度

参加費

無料

お申し込み

ワークショップの準備および感染症対策の目的で事前予約制となります。

参加者多数の場合は、未就学児〜小学生のお子様がいるご家庭を優先にさせていただきます。

お申し込みフォーム

※どちらか 1日しか参加できないなどの事情がありましたら、備考欄にご記入ください。

※申し込み締め切り  2021年1月13日(水)23:59 (オンラインは15日(金)まで)

持ち物・準備するもの

現地参加者は、画材等(クレヨン・水彩絵具)はご用意しておりますが、もしお子さまのお気に入りの画材などあればお持ちください。
また、汚れても良い服装、手洗いに使うハンカチ、タオル等をご用意ください。

オンライン参加の方は、ご自身で画材をご用意ください。録画視聴となり、会場とリアルタイムではございません。後日視聴できるURLをご案内いたします。ご視聴いただく内容についての質問等はメールにて承ります。

 

■ご参加に際して

 

あらかじめ、昔話の動画・文章をご覧ください。

描きたいシーンを3つ程度見つけておいてください。


動画 を視聴する

語り:成原千枝(つむぎの会)


ものがたりを読む

朝日町の昔話集から抜粋

 

お問い合わせ

一般社団法人希望活動醸成機構

遊び場プロジェクト 担当 さかの

メール info@arousers.org

電話 050-5363-9292
(電話は業務により不在の場合があります。留守番電話にメッセージを残していただけますと助かります。)