活動内容

日本青年国際交流機構(International Youth Exchange Organization of Japan 略称 IYEO)は、昭和34年度から始まった内閣府【総務庁・総理府】が行ってきた青年国際交流事業の既参加青年で組織されており、会員数は1万5千6百人に達しています。
全国47都道府県に都道府県国際交流機構を置いており、山形県青年国際交流機構もその一つです。

地域の国際交流活動の振興に寄与し、広く社会への活動の輪を広げて行くとともに、内閣府の行う青年国際交流事業の発展に協力することが主な活動です。近年では下記のような事業の受入れを行いました。

平成27年度 内閣府青年国際交流事業「東南アジア青年の船」地方プログラム受入れ
平成26年度 同事業「東南アジア青年の船」地方プログラム受入れ
平成25年度 同事業「地域コアリーダープログラム」地方プログラム受入れ
平成24年度 同事業「東南アジア青年の船」地方プログラム受入れ
平成23年度 同事業「世界青年の船(当時)」地方プログラム受入れ      ほか

メッセージ

日本青年国際交流機構は、その規約に「青少年国際交流事業で得た成果を踏まえつつ、国際理解を深め、国際親善に寄与し、もって広く社会に貢献するとともに、会員相互の交流と研さんを図ることを目的とする」と規定し、この目的に沿った活動を行うために各都道府県に国際交流機構を置いております。
これまで山形県青年国際交流機構では内閣府の事業への協力が主な活動でしたが、より多くの方に異なる文化に触れてもらう機会を作り、国際理解がより一層進むよう寄与していきたいと考え新たな事業に取り組むこととなりました。

若者プレスへの投稿一覧
イベント情報への投稿一覧