記事詳細ページ

サポーター紹介 佐藤 恒平 さん

サポーター紹介 佐藤 恒平 さん:画像

若者の地域活動に対する悩みを一緒に考えてくれる
「若者サポーター」

サポーター10名をお一人ずつ紹介していきます。
4人目は、若者支援コンシェルジュ事業の顧問でもある


地域振興サポート会社 
まよひが企画 代表
総務省 地域力創造アドバイザー
佐藤 恒平 さん

朝日町の「桃色ウサヒ」でおなじみの佐藤さん。
ゆるキャラからゲストハウスまで、様々な地域振興の企画を手がけています。

そんな佐藤さんにお話を伺いました!

 

今までどんな活動をしてきましたか?

地域振興(まちおこし)のサポート業務
ゆるキャラづくり
ゲストハウスの開業
ロボットを使った米作り

 

活動していて良かったことはどんなことですか?

いろんな分野の知り合いができたこと。

今までの失敗談はありますか?

忘れ物が多くて日々失敗しています。

 

活動をするにあたってのとっておきの「秘策」はありますか?

自分の性格の取扱説明書っぽいものを作っておくと、何か活動をやるとき自分をコントロールしやすいです。

 

あなたの今までの一番大きなチャレンジは?

結婚

 

昨年サポーターをやってみていかがでしたか?

七宝工藝家やラジオパーソナリティーからライブアイドルまで、幅広い相談者の方とお会いできました。みんなそれぞれの目標をもって山形で活動されていて、僕自身も勇気をもらいました。

 

これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。

新しい出会いが、ちょっとした活動の加速力になります。気軽にサポーター依頼してみていただけたら嬉しいです。

佐藤さん、ありがとうございました!

 

自分の性格の取扱説明書を作っておくというのは
新しいですね!
確かに、はじめましての方と何か取り組みをする場合、そういったものがあるとスムーズにいきそうです。
自分を見つめなおすきっかけにもなりそうですね!

2019.09.24:[若者支援コンシェルジュからのお知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映