記事詳細ページ

サイエンスリンクin山形2018

サイエンスリンクin山形2018:画像

平成30年度「やまがた若者チャレンジ応援事業」の企画提案で採択された山形大学SCITAセンター学生スタッフ(代表 袖統哉さん)主催のサイエンスリンクin山形2018が、10月13日(土)山形大学小白川キャンパス体育館で開催されました。

 

 

 

 

 

 

もともとは関東地区で開催されていて、数年前から山形でも開催されるようになり、山大で行うのは3回目。遊んで学べる科学ワークショップやサイエンスショーなど盛りだくさんのイベントで、各地から学生が集まり、参加した子どもたちに科学の楽しさを伝えています。年に1回の開催とあって、それぞれのチームは準備に時間をかけ、当日に臨んだそうです。

 

 

サイエンスリンクに参加しているのは、山形大学、東京大学、東北大学理学研究科理学部広報サポーター、東京理科大学などで、山形県立東桜学館高等学校は、

「電気で遊ぼう〜イライラ棒・コップライデン瓶〜」というテーマで、手作りのイライラ棒ゲームを用意。各コーナーとも子どもたちが真剣にお兄さんお姉さんの話を聞き、楽しくいろんなことにチャレンジしていました。

「光にかざすと虹がみえるよ」と筒を持って笑顔で話をしてくれた子どもたち、「中に入れるものを細かく切るのが大変だったけど、面白かった」とのこと。

 

 

当日は副代表だった袖さんは「開催するにあたり、準備含めすべてが私たち学生にとってよい経験。子どもたちに丁寧に説明し、楽しく過ごしてもらいたい」と語っていました。

空気砲や光の実験など、大人も楽しめるサイエンスショー、高度なのにわかりやすく説明してくれる各学生チームの工夫に感動でした。

 

 

山形大学SCITAセンターのホームページ
http://www.yamagata-u.ac.jp/scita/

2018.12.13:[若者支援コンシェルジュからのお知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
菅野 美奈子:画像

若者支援コンシェルジュ事務局

▼団体名  若者支援コンシェルジュ事務局 ▼URL ..

やまがた若者交流ネットワーク
(C) やまがた若者交流ネットワーク事務局 All Rights Reserved.

合計3,454,048件 (2011.09.07〜) 今日367件 昨日547件 記事3,225件