記事詳細ページ

若者サポーター海谷美樹さんにインタビューしました!

若者サポーター海谷美樹さんにインタビューしました!:画像

こんにちは!事務局のリエです!

 

若者支援コンシェルジュを支えてくれている、若者サポーターさんたち。勇気あふれる彼らにも、こつこつと積み上げてきた経験と実績があるのです。

 

そんな若者サポーターにインタビューの8回目は、海谷美樹さんです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?

仕事としては、在宅ワークを軸としたIT関連企業を有志でたちあげ15年ほどになります。NPO活動としては、子育て支援から始まり、縁あってIT支援、NPO支援の団体に所属してきました。どれも似ているように見えても目的が異なるので、向かう方向性も違います。でも、私ができることは大体変わらなくて、パソコンまわりのこと、取材執筆など情報関連のことなどを、どのポジションでもしているところです。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?

根が単純なので、誰かの役に立ったと思えたり、「ありがとう」と言ってもらえたりするだけで、やっててよかった〜と思い、疲れも吹っ飛びます。いくつも組織を掛け持ちしていると、大変な時もありますが、それが本当に役に立ったと思えたのは、東日本大震災の時でした。今までこのためにしてきたんじゃないかと思うほど、これまでのネットワークがすべてつながり、みんなで協力し合い支援活動ができたんです。

 

3.今までの失敗談はありますか?

数えきれないほどありますが、大体忘れます(笑)。
自分では慎重なほうだと思うのですが、厳格な書類を作るのはたぶん苦手。提出しても間違いを指摘されて書き直すことが多いので、おっちょこちょいなのかも。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?

秘策かどうかわかりませんが、私の場合、自分に与えられた仕事をマジメに一生懸命やっていると、周りの人が「これも手伝ってくれない?」と声をかけてくれて、次の道を作ってくれたように思います。自分にはハードルが高いかな、と思うことも、いい機会だと思って引き受けるようにしてきました。そうしていくうちに、結果としていろいろな経験をさせてもらい、それが自分の成長につながってきたと思います。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?

20代前半、起業やNPOなどの活動に興味も知識もなかった頃。

専業主婦で小さい子を育てながら、ただ「ママ友がほしい」という理由だけで育児サークルを作りました。それが私にとって一番大きなチャレンジで、「はじめの一歩」でした。何もわからなくて始めたあの時が、いちばん勇気が必要だったと今も思っています。

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。

私もまだまだ若いつもりで、新しいことも始めていますが、やっぱり20代、30代の時の勢いとはちょっと違うと感じる今日この頃(笑)。

「虎穴に入らずんば 虎児を得ず」

迷った時、自信がない時、いつも勇気づけてくれた言葉です。

やりたいと思うことがあるなら、飛び込んでみないことには始まりませんよ!

 

「やりたいと思うことがあるなら、飛び込んでみないことには…」と海谷さん、勇気をもってやりたいことをやってみると、なにか変わるかもしれません。

 

海谷さん、ありがとうございました!

 

2018.11.27:[若者支援コンシェルジュからのお知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映
菅野 美奈子:画像

若者支援コンシェルジュ事務局

▼団体名  若者支援コンシェルジュ事務局 ▼URL ..

やまがた若者交流ネットワーク
(C) やまがた若者交流ネットワーク事務局 All Rights Reserved.

合計3,415,201件 (2011.09.07〜) 今日910件 昨日1,188件 記事3,213件